H29 校長のページ

H29 校長のページ

10月10日(火)音楽鑑賞会
広島交響楽団オーケストラ公演

私自身はクラッシク音楽にはあまり
くわしくはありません。しかし、
興味はあります。ただ、それは、
「のだめカンタービレ」という
ドラマを通じてであったり、
NHKのEテレのテレビコンサートを
たまに観てであったりというレベルの
ものです。
島嶼部の小中学生に60名を超える
オーケストラの方の生演奏を
聴かせてくださるという
本当にありがたい企画があり、
貴重な体験ができました。また、
演奏曲について自分で予習しました
ので、興味深く聴けました。
児童生徒にも本当によい経験と
なったと思います。貴重な機会を
ありがとうございました。

「カヴァレリア ルスティカーナ」と
いう曲が一番気に入りました。
「田舎の騎士道」という意味だそうで
す。

生徒の指揮者体験がうらやましい!
やってみたかったです。


9月24日(日)
白石島大運動会 御礼

今年は、公民館と共催という形を
とり、昨年度よりいっそう、地域
の皆様にご協力いただきました。
8月末の校内整備の日も、
前々日のテント張りの日も
雨模様でしたが、保護者はじめ
多くの地域の皆様が駆けつけて
くださり、準備が整いました。
運動会当日も、多くの地域の
皆様や、高校生・大学生まで
参加してくださり、児童生徒に
とってかけがえのない思い出と
なりました。
大変ありがとうございました。

20日(水)にも、保護者の皆様に
ご協力をいただいて万国旗を
取り付けましたが、いろいろな
国の旗を見ていますと、最近の世界
情勢を見るにつけ、世界の平和を
願わずにはいられませんでした。
 




8月30日(水)
2学期 始業式で紹介しました。

 本を買う予算の寄付があったので、いろいろな
辞書を購入しました。国語辞典や漢和辞典は
出版社によって個性があります。引き比べてみる
のも面白いですよ。
表記や用字を迷うことはよくあります。これで
いいのかな?と思ったときはしっかり活用して
ください。



7月19日(水)1学期 終業式

1学期を振り返ってみますと、入学式は
全員元気にそろってスタートできたのですが、
4月からインフルエンザが流行し、学習や部
活動に影響があり、開龍寺春の大祭に白石踊を
奉納することもできませんでした。
健康の大切さを実感した1学期のスタートでした。
その後はみんな元気になり、学習や部活動に
取り組み、備南西地区予選でバドミントン部
は男女全員県大会に勝ち上がりました。
また、6月からのPTA白石踊で練習を重ね、
7月の「島の盆」では、浜で小中学生が踊る
様子を撮影しようと、大勢の観光のカメラマンが
シャッターを切っていました。
後半になって、活躍が光った1学期だったと
思います。7月下旬は七十二候の「鷹乃学習
たかすなわちがくしゅうす」という時節で、
若鷹が巣立ちを前に巣で力をたくわる時季で
あるといいます。そんな印象を受ける後半の
生徒の活躍でした。
 



感動の卒業式から、1か月がたちました。
少しさみしくなっていた学校に、元気な
新1年生が入学してきました。
担任の先生の呼名に、大きな声で返事が
出来ており、とてもはりきっている様子
です。地域の来賓の皆様からも、成長を
願う温かいお言葉をいただきました。
伝統ある白石中学校の新たな1ページを
若いエネルギーで、切り拓いてもらいたい
と思います。